FXの仕組み

FXは「margin Foreign eXchange trading」の略で、「外国為替証拠金取引」と訳されます。


証券会社に「証拠金」という一定の保証金を預けると、「レバレッジ」という倍率をかけることができ、手持ちの金額以上に大きな金額の取引ができます。
レバレッジをかけることによって、相場がプラスに動いたときには大きな利益を得ることができますが、マイナスに動いてしまうと高い損失が出ることになります。
少ない資金でも大きな取引をできるのはメリットと考えることもできますが、手持ちの資金に余裕がないと「ロスカット」で強制決済されてしまうというデメリットがあります。


FXは、ハイリスク・ハイリターンな取引なので、レバレッジを少なめにかけて慎重に取引することが大切です。


ところで、大きく儲けることのできるレバレッジを使う方法に対して、地道に稼げる「スワップポイント」を狙う方法があります。
スワップポイントとは「金利差」を言いますが、金利が高い国の通貨を買って金利の安い国の通貨を売ることで差額が出ます。


この差額は微々たるものですが、まとまった通貨を購入することで、低金利の日本の銀行に預けておくよりは資産運用になるかもしれません。
ただし、高金利の国の通貨を売って低金利の国の通貨を買った場合、今度は支払いが生じます。
購入する国の通貨の金利変動に気をつける必要があります。


当サイトで詳しく解説しておりますから、取引する前に、FXの仕組みをよく知っておくようにしてください。

Copyright © 2014 FXの仕組み All Rights Reserved.